TEL 
0836-21-2311
お問合せ
 
内視鏡検査について
 

上部内視鏡検査(胃カメラ)について

 

 

上部内視鏡検査とは食道、胃、十二指腸の粘膜を直接観察する検査です。これらの部位に発生する病気の有無をチェックすることができます。もしも病変を認めた場合は病変を一部切除し精密検査に提出することができます。同時にピロリ菌の有無を検査することもできます。当院では口から挿入するタイプと鼻から挿入するタイプの2種類の内視鏡を常備しております。来院時に口からか鼻からかご希望をお伝えください。午前中に朝食を抜いて受診していただければ当日検査も可能です。

 

下部内視鏡検査(大腸カメラ)について

鎮静剤の使用について

下部内視鏡検査とは肛門から内視鏡を挿入し、大腸の粘膜を直接観察する検査です。内視鏡で治療可能なポリープなどがあった場合はその場で治療することもできます。

前処置として検査前日の就寝前から下剤を飲んでいただきます。このため検査は予約制とさせていただいております。

下部内視鏡検査は鎮静剤を使用することができます。検査後に1時間前後の休憩が必要となります。また検査当日は乗り物の運転をご遠慮いただいております。

内視鏡検査について

 

当院ではオリンパス社製の最新式内視鏡システム【EVIS LUCERA ELITE】を導入しております。従来の機種と比較して、画質、視野角が改善されております。また内視鏡自体も細く柔らかくなり、操作性、挿入性が向上し正確な診断と安全な内視鏡検査を提供することが可能となりました。

当院での内視鏡検査は全例経験豊富な内視鏡専門医が行い、苦痛の少ない検査を心がけております。